設計作業を行う企業CAD製図は効率化と生産性の向上!

ものづくりCAD製図のメリット!

ものづくりの設計作業に欠かせないCADは幅広い分野を支えています。CADで製図した図面はデジタルデータ化されているので、簡単にコンピュータをつないで共有出来ます。設計製図の効率化と生産性の向上を、図る事が可能な事から多くの企業が導入しています。図面の修正に関しても、消しゴムで鉛筆で書いたものを消して書き直す様な手間は全くありません。数値やコマンドをコンピュータ上で入力するだけで修正可能です。製品の図面を再利用して改良したり、別々のコンピュータで複数の部品を製図して組み合わせる事も簡単です。立体的に3D-CADは設計する事が可能です。その為リアルに製品の完成図をイメージする事が出来ます。そして全方向から全体を回転させて確認する事も出来ます。

導入する事での問題点!

CADを導入する事での問題点は、CADの導入に掛かるコストがその一つと言えます。これは最初にパソコン等のハード面とCADソフトを揃える時に、コストが掛かるだけで無くメンテナンスのコストも掛かります。更に様々な種類がCADソフトにはありそれぞれ操作方法も違います。データの共有が使用するCADソフトにより出来無い場合もあります。その為プロジェクトの進捗にも選択したものが互換性の低いソフトだと、影響を及ぼす可能性があります。CADに手書きの製図に慣れている人が移行する場合は、製図に関する知識以外にもパソコンやCADソフトの操作等、覚える事が新たに増える事です。又微妙に操作画面やコマンドがCADの種類により違う為、慣れるのにCADの種類を増やしたい場合苦労する事もあります。

電気CADとは、電気設備の図面を作成できるパソコンソフトのことです。設計士の指示でCADオペレーターが作成します。