LED照明に買い替えたくなる?!メリット3選

その1 もちが違う! 寿命が長い

長持ちする。これが1番のメリットではないでしょうか。LED照明の寿命は、白熱灯や蛍光灯に比べると圧倒的に長くもち、約5万時間使用できます。その為、取り替え作業の頻度も少なくなり、これも良い点のひとつといえるでしょう。

その2 地球にも優しい?!節電効果

次にあげられるメリットは、消費電力が少ないということになります。LED照明は、光を効率的に使い、無駄なく発光することで、消費する電力を大幅に減らすことが出来ます。白熱電球と比べてみると、消費電力は5分の1と言われています。LED照明にかえることで、節電に効果があるだけでなく、地球温暖化予防にもつながります。近年、地球温暖化は深刻な問題になりつつつあります。LED照明にかえることで、地球温暖化問題の防止につなげることができるのであれば、自分だけでなく、世界にもメリットがあるといえるでしょう。

その3 あせらない!急に突然きれない!

白熱灯や蛍光灯は、電球の寿命がくると、急に突然電気がつかなくなり、部屋が真っ暗になってしまいますよね。そういった経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。常に、電球の替えを予備でおいておけば、問題はないかもしれませんが、替えがなければ真っ暗の部屋で過ごさなければならず、不便を感じたり、あわてて電球を買いに走らなければならなくなってしまいます。LED照明の場合は、そういった心配がありません。突然、照明が落ちることはなく、徐々に暗くなっていきます。その為、替え時がわかりやすく、白熱灯や蛍光灯の様な心配をする必要がないといったメリットもあります。

今や看板や広告にLEDライトパネルが使われていますが、まだ使ったことがなく導入に躊躇されているのなら、まずはレンタルで試してみることが可能です。

LEDバックライトパネルを検索