CAD導入で見えてくる!製図を時間短縮できるメリット

CAD導入で申請図面が簡単に作成できる

CADを導入すると、設計図面をそのまま活用して市役所等へ提出する申請図面を作成しやすくなります。例えば建築会社やハウスメーカーの建築士がCADを使って家の間取りを作成し、設備会社と共有します。設備会社は、給排水工事の配管図をそのCAD図面にプラスするだけで着工を申請する書類を作成することが可能です。手書きの設計図面は、申請に必要ない書き込みを削除する必要があるため、そのままコピーして使う事ができません。改めて間取りから書き直さなければならない手間が発生して、時間の無駄です。CADであれば、A1サイズの図面を簡単に申請書類用のサイズに縮小できるところも魅力です。手書きの図面を縮小コピーすると、記号や文字が潰れてしまいます。CADデータであれば、記号や文字のサイズをコントロールして潰れないサイズに変えて製図ができます。

頻繁に使うパーツを登録できる

市役所に申請する図面は、使用する記号の形が定められています。CADはもともと建築や給排水設備、電気設備等でよく使われる図面記号が登録されているため、作図がしやすくなっています。回路図や様々なパーツを自分で作成し登録しておくこともできるため、事業ジャンルに合わせて使いやすいように設定できるところも魅力です。書き文字もサイズや色などを保存できるので、作図するときに呼び出して適切な位置に配置するだけで済みます。手書きだと文字の書き間違いやパーツの配置間違いがあったとき、修正がとても面倒です。ホワイトで修正するか電動消しゴムで削る、あるいは上から書き直したものを貼り付けてコピーし直す必要があります。CADであればデータ上ですぐ修正できますし、一度直したものをもとに戻すことも簡単です。

水道CADとは、建築現場の図面制作に使用されるCADの水道版です。具体的には上下水道の断面図や水道工事の際の図面などに対応したソフトのことを言います。