酸洗いとエッチングについての知識を教えます!

酸洗いとは細かな事に注意が必要となる繊細な作業

酸洗いとは、金属表面にできた酸化物を取り除く事を目的としたものです。酸洗いで行う事は、熱処理や溶接、ロウ付けなどでできたスケールや酸化被膜などの酸化物を除去する為に、硫酸などの産溶液中に製品を漬け込んで洗浄する事です。化学薬品を用いて汚れを除去する科学洗浄処理の一種であり、鉄や銅、ステンレスなどの様々な材質で行われます。それらの科学洗浄を行う利点は、製品価値を向上させたり、腐食や錆の発生を防止することができる事です。また、製品の機能を回復させたり、金属加工の前処理にもなります。酸洗いは、対象となる金属ごとに細かな方法がそれぞれ異なってくる為、湿度や時間、使用する酸の種類などに細かく気を付ける必要があります。酸洗い後は、環境や健康にに配慮して排水処理をきちんと行うべき作業です。

エッチングは様々な場面に応用されている技法

エッチングとは、化学薬品の腐食作用を利用する事で、対象となる素材の表面を加工する技法を言います。使う素材の表面の対象部分にだけ防錆処理をし、防腐剤を用いて不要な部分を溶解浸食して目的の形状にします。通常は亜鉛や銅などの素材に使用される事が多い方法ですが、防腐性がある物であれば、他の素材の表面も加工できます。金属加工ではプレスなどではできない複雑な加工をする為に使用される技法です。身の回りにある携帯電話などに使用されているプリント基板や、電気カミソリの網刃など金属板材料を製造する技術などもあり、これらの方法で作られるパーツはエッチングパーツと言われます。

酸洗いは、金属表面処理法のことで、金属表面の洗浄作業やメッキや塗装の下地処理などの用途に使われます。

酸洗の続きはこちら
リン酸処理の方はこちら