単に洋服を掛けるだけではない!フックの有効活用法!

フックの種類にはどんなものがあるの?

フックといっても色々なタイプのフックがあり、その場所ごとに適したフックがあります。部屋のでっぱりなどに引っ掛けて使うS字フックや壁に接着するタイプのもの、有孔ボードと呼ばれる穴の開いた板材に使用できる有孔ボード用フックなどがあります。さらに最近では壁を機ずつ難くないという人向けに吸盤付きのフックや強力なマグネットが付いたフックなどもあり、家のどんな場所でも活躍できる商品が次々と発売されています。

スペースが限られているキッチンでも活躍します!

フックというと洋服や帽子を掛けるものというイメージがある人もいるかと思います。しかし使い方次第では家中の色々な場所のものを整理するのに使えるのです。まず力を発揮するのが狭いスペースの中に物が多くなりがちなキッチンです。キッチンにはステンレスなど金属を使用している部分も多いので、その部分にマグネット付きのフックを付けてお玉やトングなどを吊るす、フック付きのポールに普段キッチンで使用頻度の高いものを吊るしておくことにより大幅な収納スペースの節約にもつながります。

フックで部屋をおしゃれに見せることも出来る!?

フックにはただ収納をするという使用法の他にも、工夫次第で部屋をおしゃれに見せることが出来るアイテムでもあります。例えば壁にフックを複数付け、そこに帽子やカバンなどを並べてお店のディスプレイのようにしたり、木製の壁フックを使いカフェのインテリア風にしたりと活用法は様々です。さらに最近では最初からインテリア調になっているフックも販売されています。部屋の模様替えごとに雰囲気の違うフックを購入し、容易に部屋に変化を付けることが出来るおしゃれアイテムとしてもフックは活用出来ます。

物品を引っかけて吊るすのに使うフックは重量物に適した強度を持つ物を選ぶことが大切です。用途別に材質や大きさが最適な物を選ぶことで安全に使うことが出来ます。

フックの金具を調査
壁フックの記事