サイトM&Aのやり方と初心者が注意をしたいポイント

M&Aよりも短出番のサイトM&A

2000年前後から日本においてもM&Aが徐々に浸透して来ており、実際にM&Aに携わる人以外でも多くの人がニュースやドラマで目にしたり聞いたりしています。極端な例で言えば、小学生くらいの小さな子供でもM&Aの事は漠然と知っている様な状況です。M&Aは今もなお、世界中の企業間で行われていますが、M&Aをより小さな単位で行う事が出来る様に産まれたのがサイトM&Aとなっています。従来のM&Aは企業同士の合併や買収の事を指しており、M&Aを行う事でヒトモノカネあらゆるものの所有権や指揮命令系統が変わります。一方、サイトM&Aは企業全体を買収するのでは無く、1つのサイトに限って買収を行うので、企業間の買収程、手間や影響は掛からずに行う事が出来ます。

初心者が押さえておきたいポイント

実際のサイトM&Aの行い方や手法ですが、基本的には仲介業者を介して行われます。中には企業間や個人間で行う事もありますが、値段の客観性やスムーズな取引を考えると仲介業者を介して進めて行った方が懸命と言えるでしょう。特に初心者の方は足元を見られたり、不要なトラブルに巻き込まれる事を避ける為にも頼れる仲介業者を見つける様にするのがサイトM&Aを成功させるポイントです。なお、実際のサイトM&Aの流れですが、仲介業者が持っているサイトリストからサイトを選定して、価格交渉や引き継ぎ方を詰めていく様な流れとなります。価格は既に固定されているケースもあるのでサイトや業者によって異なるので注意しましょう。

サイト売買と言えば、自分で保有して運営したりしていたPCサイトを売買することで、買い手のニーズとマッチしていれば売却できます。