不要になった時計はどうやって売る?自分に合った売り方を見つけよう!

近くに買取店がない!そんな人でも時計は売れる

不要になった腕時計を売りたいのに、家の近くに買取店舗がないこともありますよね。そういう場合でも、売るのを諦める必要はありません。最近はどこに住んでいても、手軽に腕時計を売ることができるサービスが増えています。

代表的なのがネットの宅配買取です。宅配買取というのは、自分で腕時計を宅配便で送って買取してもらえるというサービスです。これならどこに住んでいても関係ありません。お店によっては宅配キットが用意されているので、それに売りたい商品を詰めて送り届けるだけ。商品が届いたら査定がされて、金額がメールや電話で連絡されます。もしその金額に納得できれば交渉成立となり、買取額が指定した口座に振り込まれます。これなら、家から一歩出ずに腕時計が売れますよね。

他にも出張買取というサービスもあります。スタッフさんが自宅まで来てくれて、その場で査定と買取をしてくれます。近くに店舗がないという方は、こういったサービスを利用して腕時計を売りましょう。

店頭買取なら交渉もしやすい!

近くに買取店がある場合は、自分で腕時計を店舗まで持っていき、売る方法もおすすめです。店頭買取の魅力は、交渉がしやすいということですね。その場でスタッフさんが査定してくれるので、こちらの要望が伝えやすいです。どのくらいで売りたいのか希望を伝えれば、お店によってはそれを考慮した査定額を出してくれることも。もし思ったより金額が低かったら、交渉すれば査定額を上げてくれることもありますよ。

時計の買取に必要な書類は身分証明書をはじめ、保証書や最後に分解掃除をしてもらった時の証明書があるとより高値での買取が期待できます。