どうしよう!?不測の事態のためのBCP対策

BCP対策ってなに?

地震が来た時、火災が起きた時などの自然災害の時、どうしたらいいか分からなくなるという経験をしたことがある人は多いかと思います。避難経路や持っていくものの取捨選択など、個人でも咄嗟に選択しなければいけないことはたくさんありますよね。では、個人を企業に置き換えてみて下さい。更に選択しなければいけないことが増えてしまったのではないでしょうか。災害に遭遇した時に企業としての損害を最小限にして、事業を継続させるための方法を取りきめておくことをBCP対策といいます。これをしておかないと、緊急時に順序や選択を間違えたことがきっかけで会社の経営が立ち行かなくなってしまうような事態を招きかねません。

BCP対策の内容は?

BCP対策で重要になってくることは3つあります。1つ目は、優先して継続させる、復旧させる中核となる事業を決めておくということです。これは個人で言うところの持っていく物を取捨選択するということです。2つ目は中核となる事業の目標復旧時間を決めておくということです。事業の早期復旧ができなかった場合、事業が縮小することは避けられません。最悪の場合、復旧できずに廃業してしまうケースもあります。そのことも考え、復旧時間に目安を付けておくことはとても大切なことです。3つ目は不測の事態が起こったときの代替策を用意しておくということです。事業拠点や生産設備、仕入品調達など、サービスを提供するのに必要な要素の代替手段が必要です。いかがでしたでしょうか。BCP対策の内容は分かりましたか。BCP対策にもう一度眼を通して見て下さい。

BCP対策とは災害や事故などが起きた時にも事業を継続させるための施策のことです。その一つの「代替手段」は重要なインフラ、システム体系を一時的に他の方法で替える方法で、分散化の二重コストを抑えられます。