セックスの時に痛みを感じるのは処女膜強靭症のせい?

セックスの時に痛いのはなぜ?

女性においてセックス時にいつも痛みを感じるという方がいます。潤いが足りない場合にはローションなどを使用することでカバーすることが出来ますが、潤いなどとは関係なく痛みを感じるケースもあります。セックスの時にいつも痛みを感じるのは処女膜強靭症という病気のせいかもしれません。

処女膜強靭症って何?

処女膜強靭症とは、本来薄くて柔らかいためにはじめてのセックスで破れてしまう処女膜が硬く厚いために破れずに残り続けてしまう症状のことです。処女膜が残ってしまうということは、当然毎回はじめてセックスをする時同様の痛みが生じてしまいます。それによりセックスを痛いものと脳が覚えてしまい、セックス時に体が緊張しさらに悪循環になってしまうというものです。

処女膜強靭症は治せる!?

処女膜強靭症は多くの場合手術をすることで処女膜強靭症自体の治療は可能です。しかし、処女膜強靭症の手術を受けてもセックス時の痛みが消えないという方は少なくなく、医師によっては処女膜強靭症は治せないという人もいるほどです。

しかし、処女膜強靭症を手術で物理的に解消した場合は痛みを感じるのはそれまでの経験によるセックスを痛いものと覚え込んでしまった脳や筋肉の緊張の問題であり、これはトレーニングを積むことで改善させることが可能とされています。

最近では処女膜強靭症の専門的な治療を行っているクリニックなども増えていますので、セックス時の痛みに悩んでいるという人はそういったところで治療を開始してみると良いでしょう。

処女膜強靭症とは、膣口にある処女膜が硬かったり分厚いため性交痛が無くならず、性交恐怖などの原因になり易いです。婦人科で局所麻酔の簡単な手術で治療できますので、我慢せずに相談されることをお勧めします。

関連サイト
膣縮小手術の他の記事